未婚の方を応援するサイト

移住すれば仕事もゲットできる?シングルマザー移住者を募集している町がある


今、地方自治体で「シングルマザーの家庭に、仕事を与え支援していこう」としている町があるといいます。つまりその町に移住することで、都会では仕事がなかなか見つからなくても仕事をすることが出来て、更に母子家庭としての支援も受けられるというものです。では、どのような支援が行われ、その背景には何があるのでしょうか。

今回はそんな「シングルマザー移住者」を募集している町についてご紹介していきます。

 

シングルマザー移住者を支援している自治体がある

シングルマザーに仕事をしてもらい、支援しようという試みで注目されたのは島根県浜田市です。もともと介護職が不足していた浜田市では、母子家庭に移住費用を助成して、介護職として勤務するための訓練を行い、介護施設で働いてもらうことで家賃扶助などの支援も行うというものです。

その他、新潟県もシングルマザーの移住を積極的に支援しています。条件はありますが、子供の教育面では特に支援が厚いのが特徴で、無利子で高校や大学への奨学金を貸付する制度などがあります。返済の際も優遇される場合もあります。さらに介護事業所に親が就職する場合支度金などが助成される支援も行っています。

また島根県邑南町は「日本一の子育て村」として、母子家庭だけではなく子供を抱える世帯に支援を行っており、町では「移住コーディネーター」を配置して、子育ての面だけではなく住居の確保から仕事の斡旋まできめ細かい支援に力を入れています。子供に対しては中学卒業までの医療費が免除になるのをはじめ、保育費の減免など子育てに必要な支援がとても充実しています。

 

シングルマザー移住者を支援する地方自治体の背景

地方自治体のなかでこのような「シングルマザー支援」を行う背景には、もちろん地方の過疎化、人材不足、高齢化などが挙げられます。ですがただ移住者を募るだけでは自治体にも、母子家庭にもメリットがありませんよね。

そこで、どのような人材が必要で、どのような支援に力を入れるかという「特徴」を盛り込むことで、町と母子家庭の双方にメリットのある支援事業が生まれているというわけです。地方移住者が増加すれば、いわば地方創生に繋がります

。都会で暮らすとなると物価も高く、待機児童などの問題も見られます。また仕事においても、都会ではなかなか正社員でというわけにいかないのが現状です。便利なようで、暮らすのには金銭面で大変な都会ですが、このように地方に移住して安定した仕事、子供に安心な助成を受けられる仕組みがあることも知っておくと、シングルマザーとしての生き方を選ぶ幅が広がるのではないでしょうか。

 

まとめ 今後も広がると思われるシングルマザー移住支援

このように、地方自治体が仕事の斡旋と生活面の支援を行う「シングルマザー移住支援」は、今後も各地で広がるものと思われます。移住というと大きな決断が必要ですし、環境の変化から様々な不安も生まれますが、このような支援が充実していればそれを利用して「シングルマザー移住」を考えるのも良いかもしれません。特に子供にのびのびと育って欲しい環境や、安定した生活を得られることによって母子の時間も持てるようになるメリットを重要視したい場合は、このような「シングルマザー移住」を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です