未婚の方を応援するサイト

仁義なき闘い!ワーキングママVS 未婚女子社員の実態


昨今、課題として持ちあがるのが「ワーキングママVS未婚女子社員」の問題です。ワーキングママは、産休休暇・育休休暇を最大限に利用、その仕事のしわ寄せはすべて未婚女子社員の元へとやってくるわけです。

お互いがうまくやっていくには、どのようにしていけば良いのでしょうか。

 

ワーキングママの実態

すべてのワーキングママがそうなのだとは言いません。これだけは、先に断言しておきます。まず、産休・育休を最大限利用、時短制度を利用して仕事ほったらかしで早退。子育てを盾のように扱い、職場に一切の貢献もなし。そうなると、そのフォローで仕事量倍増の他社員からしてみれば、イライラはマックスです。

挙句の果てには、確信犯的に次から次へと子供を産み、産休育休を平気で連続して取得する輩がいることも事実。周囲は、まさに「開いた口が塞がらない」状態。ただし、これらを理由に退職を推進したりするようなものなら事態はさらに悪化しますので、社長も何も言えないと言う状況が現実に続いているのです。

ワーキングママ内でも、これらのぶつかりは多くあるようですね。温度差が生じているようです。

いずれ復帰してくることも視野に入れると、新たに人員補充もできません。その分のしわ寄せが、すべてまるごと未婚女子社員に押し寄せてくるわけです。

「ありがとう」の感謝の言葉さえあればいくらか救われることもあるかと思います。ですが、ワーキングママは謝りません。当然のことをしているだけだからです。出産・妊娠・子育てをするのは当然のこと。その為に休暇を取るのは当たり前。という考えの元にありますので、ハナから「悪い」とか「申し訳ない」とか、「ごめんね」なんて気持ちを持ち合わせていないところが問題なのですよね。

 

上司はこの問題に対してどう対応するべき?

「女性同士の問題だから女性同士で解決してほしい」「育休社員にも給与は支払っているわけだから、新たな人員補助をする余裕はない」などと言っている上司、はっきり言って未婚女子社員はブチギレモードですよ!育休や時短は女の問題ではありません。社会全体の問題なのです。

 

どうにかならない?この問題

ワーキングママのプライベートは手厚く保障されるのに、その尻拭いをする未婚女子社員は、プライベート返上で社畜になり変わり、会社のために働き続ける。このシステムがまずおかしいのに、こんな基本的なことを政治家は理解していないのでしょうか。甚だ疑問です。そりゃ少子化も増えるわ。このワーキングママたちがもう戻ってこないと仮定して1人が5人出産するなどと決めれば、未婚女子社員も文句は言えなくなるのでは?まあ、自分自身は社畜化のままであり、子供?結婚?どこにそんなお時間が?!状態になるわけですが。

ここで忘れてはならないのは、ワーキングママも時短社員も、それなりの給与しか支払われていないということです。現代、時短社員は時短というだけで実際の労働時間がどうでも、基準額をカットされることがほとんどなのです。

 

まとめ

「ワーキングママVS未婚女子社員」についての記事をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

こればかりは本当に難しい問題ですし、今後増え続けていく課題であると言えるでしょう。大事なのは、会社のあり方。職場のあり方だと思うのです。しわ寄せがそんなに来ないような仕組みを作るとか、ワーキングママは自宅でもできる仕事に切り替えて、とにかく新しい人員補充を行うなど行った方が手っ取り早い気もします。

女性同士のことなんだしさ~なんて逃げ腰になっている上司には、未婚女子社員は怒りの沸点が危険水域まで達しますよ!

どちらが悪い、偉いというのではなく、そこに感謝や良好な人間関係が築けているのか。これが一番の「問題」として捉えるべき必要のあることだと思われます。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です