未婚の方を応援するサイト

アジアン隅田も諦めた?婚活を諦めるタイミングとは?


お笑い芸人のアジアン隅田さんが婚活を諦めて、2年8か月ぶりにテレビ活動を再開し始めることになったようです。その背景にはどんなことがあったのでしょうか。実際、わたしたちも婚活を諦めるときのタイミングって何があるのでしょう。

 

婚活には「あきらめ適齢期」が存在する?!

婚活は、はっきり言って精神力と体力と金銭力(?)が物言う市場です。始める場合には、長期戦になることを踏まえて挑まなければなりません。そうした場合、必ず立ち向かう壁は「婚活疲れ」。婚活をどれだけ続けても、頑張っても、良いお相手にめぐり会えないとき。心身共に病んでしまう方はまったく珍しくはありません。

結婚相談所に登録している場合には、「そろそろ諦めて退会なさった方が宜しいですね」なんてアドバイスを言うわけがありません。友人や同僚、家族や親せきもあなたに気を遣い、意見をしなくなってくるでしょう。

そこで冒頭の「あきらめ適齢期」に注目。これは、女性は39歳男性は44歳で婚活を卒業しようというもの。理由は二つあり、一つはもうこの年齢では殆ど婚活の効果を挙げられないのだそうです。もう一つの理由は、諦めきれず婚活をそのまま続けた結果体調を崩すということでした。

 

婚活を諦めるタイミングときっかけ

婚活疲れから脱出したい。けれどもそのタイミングやきっかけが上手くつかめない。そう言った方は本当に多くいることと思います。よくあるタイミングとして、以下が挙げられます。

40歳になったとき

区切りの年齢ということで、男女ともに諦めることを決断する方が多いのがこのタイミングです。

 

家、マンションを購入したとき

結婚前に家を買った方は、結婚を早々に諦めるきっかけになっているようです。不動産を持ち、家さえあれば今後何かあったとしてもホームレスになることはないですよね。安心感が出てきてしまうようですね。

 

何故結婚するのか判然としなくなってきたとき

長い間婚活を続ければ続けるほど、「あれ、どうしてわたしこんなに頑張って結婚しようとしてるんだろう…こんなに辛いのに」と、ふと思うことがあります。何故大変な思いをしてまで結婚しなくてはならないかが分からなくなってくるのです。まさに、アイデンティティの崩壊!という事態に陥ってしまったら、諦めるタイミングは「今」でしょう。

 

婚活を諦めた後の身の振り方

仕事に没頭する

「自分が生きた証」「自分の爪あと」をどんな形としてでも残したいという気持ちになります。大抵の人々は子育てで「何かを残す」という気持ちを満たしますが、出産を諦めたとすれば、仕事などで頑張り続ける、老後のために働きまくって貯蓄するという方法を取ります。

 

親戚の子供を代わりに可愛がる

自分に子供がいないのですから、当然親戚の子供を可愛がるでしょう。自分に兄弟姉妹がいない場合は、隣近所に住む子供を可愛がったり。女性は特にこうなるパターンが多い傾向にあります。

 

結局、婚活を繰り返す

一度は諦めた婚活。それでももう一度だけ頑張ってみよう。このパターンが一番多いようです。要は、結婚というゴールテープを自分の手で走り抜けない限りは、一度走り始めたものは止めることができないのです。つまりは、結婚を諦めるのは結婚をするのと同じくらい難しいということです。

 

まとめ

婚活を諦めるタイミングについてご紹介いたしましたがいかがだったでしょうか?

人は、結局は一人では生きられません。もしも一人を貫くつもりならば、その先に待つのは「孤独死」など、誰にも気づかれないまま終わる生涯。

パートナーも必要ですが、一人にならなければそれなりには生きていけます。姪や甥、妹や弟。友人や同僚など、ずっと長続きできる関係を周囲と築いていくことが大事なのです。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です