未婚の方を応援するサイト

こんなアラフォーは痛い…イタイ40代女子の3つの特徴


ただでさえ独り身という立場で、冷ややかに見られがちなアラフォー独女。ですが、どうせなら「痛いおばさん」のようには思われたくないものです。

では世間で一般男性や既婚女性の方達が思ってしまう「イタイ40代女子」とはどんな人達なのでしょうか。「当たり前と思っていたことが、イタイと思われてる?!」ということがあるかも知れません。アラフォーの方は要チェック!

 

「20代の気分のまま」でいるアラフォー女子

年齢というのは、どう頑張っても隠せるものではありませんし、確実に年は取っていくものです。その現実を受け入れることなく「気分は20代」と思い込んでいるアラフォー女子は、実は「イタイ」と思われてしまうのです。「気持ちは若いまま」と思っていることが、周りからは逆に「オバサン化」と見られてしまうことも。

意識してファッションやメイク、小物など、年齢相応でない20代の女性が買うようなものを取り入れると、周りにとってそれはただの「若作り」にしか思われなくなってしまいます。本当にきれいな40代を目指すなら、年相応で清楚にを基本に、自分の年齢そのものを受け入れることが大切なのです。

 

「勘違い」を起こしているアラフォー女子

「若いままでいることが、女としてあるべき姿」と思っているアラフォー女子の方がいるとしたら、それは大きな「勘違い」をしていると言っていいでしょう。「若いことこそが美徳」とアラフォー女子が思ってそれを実践していても、周りからはそれが「ただ無理をしているだけのイタイ女性」に見られてしまうのです。

言葉使いににじみ出る若作りがその例でしょう。いまどき使わない言葉を使ってしまったり、無理に若い女性がしゃべるような口調で物事を話してしまったり。それは、かえって他の人から見ると「とても痛々しく」見えてしまいます。ここでも年相応、自分の現実をわきまえて「無理して若くいようとせず自然体」でいることが重要なのですね。

 

「過去の栄光にすがる」アラフォー女子

「昔、20代モテモテだったから」というアラフォー女子は年齢を重ねて自分の内面や外見の変化にも気づかないまま、過去にモテた時と同じような格好や行動をしていると、それはイタイだけになってしまいます。

過去のことは過去のこと。痛くないアラフォーの女子で一目おかれるのは、自分の現実を受け入れながらも、年相応にキレイでいる努力を忘れないこと。そして身だしなみもきちんと、アラフォーに相応しいものにしている方です。年を重ねたことによる経験は内面も外面にも影響します。それを考えずに過去の栄光にすがって、格好だけではなく「若い時はこうだったから」と主張するアラフォー女子もイタいたしく感じてしまいますね。

また、「自分はこうこう、こういう人」という主張もイタイアラフォー女子にありがちなもの。これも「過去の栄光」を忘れられないアラフォー女子によく見られます。それを言われてしまうと、周りも「えっ・・・」とどうしても引いてしまうことになりかねません。

昔のことは経験として、心に余裕を持つことが「過去の栄光」から脱出する一歩だということを忘れないようにしたいものですね。

 

まとめ

周りから見るとドン引きされてしまうような、「イタイ」と思われがちなアラフォー女子について、主に3つあげてみましたが、あなたは当てはまっていませんでしたか?

イタくないアラフォー女子になるためには、まず年を受け入れる、つまり現実を受け入れる、自分のキャリアや経験を内面から美しく見せる努力をしたいものです。そして外見ももう年だからといって身だしなみに気を抜かず、だからといって若作りはせず、年相応のメイクやファッションが必要だといえるでしょう。

そして年をとってもその「女性らしい雰囲気」はそのままに「年をとったから」と卑屈になることなく、素直になることが「素敵なアラフォー女子」への近道なのではないでしょうか。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です