未婚の方を応援するサイト

おばさんメイクになってない?アラフォーなら絶対NGのメイクと対処方法


アラフォーともなると、メイク一つで命取りとなる可能性も多いにありますので、皆さん心してこの記事をお読みいただけたらと思います。

 

NGメイクと対処方法

女性なら誰もが若く、少しでも美しい外見でありたいと願うもの。パーツ別に具体的なNGポイントを紹介していきます。

 

アイブロウ編

×アイブロウはグレーを使用→○明るいブラウンを使用

髪が黒かったり、肌になじみそうだと感じてグレーに手を伸ばす女性は多いかと思います。ですが、肌色をくすませてしまうこともあるのです。それに比べて明るいブラウンは、意外と日本人の肌にも髪にも馴染みやすく肌色も明るく見えるのでオススメです。

 

×眉の手入れ、致しません→○アイブロウメイクにこだわろう

何の手入れもされていない眉は重く、肌自体をくすませて見せてしまいます。眉をいじったことのない方は、せめてカットをするだけでも違いますよ。自分では上手にできないという方も多いので、アイブロウ専用のサロンがあります。若く美しくありたいなら利用も視野に入れてみては?

 

リップ編

×しっかりとリップライナーで縁取りをする→○流行を意識して、ナチュラルに捉われ過ぎずにレッドやブラウン系なら直塗りしちゃう!

最近の流行として、ナチュラルメイクは常に上位。ただし、頬や唇など、所々で濃い色を入れるのが今年流。ただし、アラフォーには若干壁は高そうなメイク方法なので、とにかく縁取りをしっかりしてしまうのは止めましょう。縁取りするくらいなら濃い目の口紅をそのまま塗ると今年の感じが表れます。

 

ベースメイク編

×ファンデはたっぷり→○全体は薄塗りにして、シミなど気になる部分だけコンシーラーで補おう

一見すると綺麗に見えるのですが、時間の経過とともにたっぷり塗ったファンデは見事に崩れ去って行きます。ほうれい線、目じりのシワ、色むら、シミなど思わずヘルプミー状態!にならないためにも、一つのファンデですべてを隠そうとすると厚塗りが避けられないので、全体的に薄塗りで良いでしょう。シワをどうすればいいか。シワの対処法としては、パウダーをあまり乗せずにファンデもシワに入り込まないよう気を付けて。

 

×とにかくマット→○ツヤ感をプラスしよう

時代はマットではありません。ツヤ感があるかどうか。透明感なども重要ですよね。ただ、アラフォーでガッキーのような透明感のある肌を作るのはとんでもなく不可能に近いので、普通にツヤ感を出しましょう。Tゾーン(鼻、おでこ)、Cゾーン(眉下、目じり)にツヤが出るようにすると、若々しく見えますよ!パールがかったベージュのアイシャドウがツヤ感を醸し出せる王道のメイクアップ。

 

まつ毛編

×たっぷり重ね塗りマスカラ→○あまり塗るとまつ毛が重くなり下がってくるので控えめに!

ボリュームや長さのことを考えると、少しでも長く、濃く、と考えてしまいがちですよね。でもそれだとNGメイクに。まつ毛の上側表面にも塗ってみると、ビューラーをしたようにまつ毛を引き上げることができますよ。

 

アイライン編

×真っ黒黒のアイライン→○ブラウン系、ナチュラル系が好印象

確かに、少し前まではがっつりブラックアイラインが流行っていたのは事実です。眼も大きく人形のように可愛く縁取りされていることにより、可愛く見えていましたよね。ただ、アラフォーでこれをやるのはどうでしょうか。否定しているわけではないのですが、まず流行に乗り遅れていることに注意を払うべきでしょう。ナチュラルメイクといえば、ブラウン系。ブラウン系のアイラインは実際売れていますし、アイブロウもブラウンですから、本来ブラックのアイラインよりはブラウンのアイラインの方が似合うはずなのです。

元来、日本人の瞳の色はダークブラウンです。ここを「黒」と思い込んだままでいると、メイクで失敗するかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。アラフォーでのNGメイク方法をご紹介いたしました。むやみやたらと若作りをしない、濃いメイクで派手になり過ぎない、厚塗りにご注意。これらの基本を気を付けてさえいれば、皆さん美しいアラフォーになれるはず。メイクで大人の女アピールを是非ともしてみましょう!

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles