未婚の方を応援するサイト

婚活バーって何?婚活バーのメリット・デメリット


婚活バー?!何それ?と思われる方が多数いるかと思います。「相席屋」に例えると分かりやすいかもしれないですね。いわゆる「婚活パーティ」など大勢と会話をする形式を取らず、一人一人と長く会話ができる出会いの場を提供してくれるのが、「婚活バー」です。

 

様々ある婚活方法のなかの「婚活バー」

婚活を今現在している方にはメジャーかもしれませんが、これから始めようとしている方には新鮮に映る「婚活バー」。婚活と言えば、ネットやアプリに登録しての出会い、婚活パーティに参加、結婚相談所、お見合いや婚活バスツアー、街コンなど様々な取り組みが行われています。そのなかでも意外と知られていないのが、「婚活バー」なのです。

普段バーによく行く方ならお分かりかと思いますが、バーでの出会いというのは自然なものです。お酒の力、バーテンダーの話術なども力添えになってくれています。婚活世代のアラサー、アラフォー男女をターゲットとしたバーは実際にあり、密かなブームとなっています。わたしたちも、あからさまな結婚目的での出会いより自然な出会いをまだまだ諦めているわけではありません!

 

婚活バーの2つのメリット

女性は無料

これは大助かりですよね。仕事帰りに毎日でも通いたくなってしまいます。「相席屋」に一人で挑むのはちょっと勇気がいりますが、バーという場所柄、一人で果敢に店内へ入店しても恥ずかしいことなんて何もなし!だって皆さんシングルなんですから。お酒一杯千円程度のバーでの料金設定を考えると、無料だなんて嬉しい限り。婚活パーティやイベントは、女性無料も数多くあるのですが、大抵1,000円~3,000円程度の出費は覚悟せねばならないもの。無料は、女性にとって嬉しい限りです。

 

気になる相手とゆっくり会話ができる

婚活パーティに参加したことがある方ならお分かりかと思いますが、男性が順番に向かいの席に座って指定の五分間だけ会話。そしてお隣に座っていた男性が今度は自分の向かいに座って会話するというのがド定番。ザ・婚活パーティです。ただでさえ今現在お相手がいないのは、自分を上手に表現できないからという方も多数いるはず。そんななかで、五分での自己アピールは就活よりも難しそうです。それに比べると、バーなら時間を気にすることなくゆっくり話ができます。会話が苦手な方も、焦らず自分のペースで話せるので婚活への負担もその分減らすことができますね。

 

婚活バーの2つデメリット

 

気になる相手と話せない

気になる相手とゆっくり話せるということは、逆に言えば残念ながら気になる相手とゆっくり話せないということでもあります。自分が気になる相手は、当然ながら他の女性も気になっていることが多いでしょう。つまり、ライバルが多いということ。そうなると、ゆっくり話せるわけですから、自分の順番が回ってくるのはいつになることやら…。スタッフのフォローもありますが、実際には自分からアプローチせねばならない場面が多々ありそうです。

 

2時間以上いないといけない

婚活パーティと違い、次から次へと男性と会話をするわけではない「婚活バー」。なので、男性が少なかったり、気になる男性がいなかったりした場合に2時間という時間制限があるのはきついかもしれませんね。もちろん、チャージ料を払えばすぐに退店できますが、どうせなら無料で済ませたいですよね。女性が多くて男性が少ない日にあたってしまったら酔っ払いそうです…。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。「婚活バー」についてご紹介いたしました。メリットもあればデメリットもあります。婚活には向き不向きがあり、たくさんの人と話してそのなかから自分に合う人を見つけたいと思う人もいれば、人と会話をするのが苦手なので極力マイペースに婚活したいと思う人もいます。婚活疲れが問題提起されている昨今。たまには、違う婚活方法で相手探しをするのも息抜きになるのかもしれません。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です