未婚の方を応援するサイト

巷で話題の”寺コン”って何?どんなことをするの?その魅力とは


いま、マッチングサービスや婚活業者と、自治体・市町村が協力してイベントを開催するなど、さまざまなコラボレーション企画が活発化しています。中でも注目を集めているのは、お寺で婚活をするイベント、”寺コン”。

「お寺」「男女の出会い」。一見、相反するワードのように思えますが、これが結構人気のようです。どのようなイベントなのでしょうか。

 

何故、”寺コン”が人気なのか

寺コンで行う内容については後の項目で詳しく記述していきますが、座禅写経などの仏教体験が含まれています。そういった体験の中で、じっくりとお相手の人柄を吟味し、また知ってもらうことができる点が、人気の秘密のようです。

また、現代の未婚世代は物欲には乏しく、どちらかと言えば精神的な満足を得たいと感じている人が多い傾向にあります。寺コンが人気を博している現状は、そういった風潮を反映しているとも言えるでしょう。

 

寺コンでは、どんなことをするの?

では、実際に開催されたある寺コンの内容を見てみましょう。

東京の天龍院というお寺で催された婚活イベントは、60人の定員のところ、満員行われました。これは、「臨済宗妙心寺派」の僧侶が運営する、「吉縁会」という婚活組織が企画しているものです。

まず般若心経を読経し、心を清め落ち着かせます。そのあと仏教体験に移ります。例えばこの日の体験は「水引作り」。男女が向かい合わせに座って作業をします。会話しながら、作業を教えあいながら、また席替えをして顔ぶれを変えながら、楽しい時間を過ごすことができます。

出会いだけを目的とした婚活パーティと違い、作業が目の前にあること。これによって、口下手さんも『話題に困って誰とも話せない』などということを回避できるのが嬉しいですよね。

また、しっかりとトークタイムもあります。今回の寺コンの場合、一組5分ずつのトークタイムがあり、プロフィール票の交換をします。その後、気になった異性の封筒に自分の連絡先を入れ、最後に自分の封筒を受け取って終了です。自分の連絡先を入れる相手は何人でもOKなので、たくさんの人に入れたほうが、連絡が帰ってくる可能性が高まります。

このイベントは、じっくり4時間行われたそうです。仏教体験を楽しみながら、しっかりお相手を吟味することができそうですね。

 

仏教に関心がある人も、ない人も

元々仏教に興味がある人の参加は多く、同じように仏教に関心のある人と出会える可能性が高いことから、この寺コンに参加する人も沢山居ます。仏教に関して全く知識が無い人の参加ももちろんOKで、これを機会に寺めぐりや写経が趣味になる人も。

もし理想のお相手にめぐり合えなくても、参加することで心が洗われる体験が出来るのもメリットですね。また、お寺という非日常の空間で行われる行事のため、トークは非常に盛り上がるようです。更に、座禅では瞑想を、写経ではただただ一心に筆を動かすため、その空間は静寂に包まれます。その後のトークタイムとなれば、緊張と緩和の効果もあってか、和やかな雰囲気で沸きます。一体感に包まれるのは心地よさそうですね。

また、写経で真剣に筆を走らせる異性の姿を目にすると、その姿勢に魅力を感じることもあるでしょう。

 

どんなひとが参加している?

寺コンに登録している中で最も多い年齢層は、30代後半~40代前半のアラフォー世代がダントツです。次に30代前半、40代後半と、落ち着いた出会いを求める世代が多く見られます。そしてその6割が女性となっています。

ポイントは、先にも述べた「非日常での出会い」。ただホテルの会場で出会いのために集まるパーティよりも、会話が弾みやすく、カップリングしなかったとしても”得るものがある”イベントであることが、女性も参加しやすく、人気の点なのでしょう。

 

参加者の感想

寺コンに参加した40代の男性は、「片思いでも連絡を取れるところがいいし、仏教体験も純粋に楽しかった」と述べています。確かに、”男女の出会い”だけで終わらないのは、一つの思い出作りとしても良い経験となるでしょう。

30代の女性は、「人柄がわかりやすかった」と回想しています。作業をするにあたり、教えあいながら進めていく人も居れば、自分のことしか考えていない人もいて、それが目に見えてわかりやすかったのだそう。話をするだけだと、初対面ならいくらでもネコを被れそうですが、初めての体験や作業を挟んでみると、その所作から人柄もにじみ出るのでしょう。

また、「婚活に寺コンを選ぶ人は、遊びで参加する人は少なそう。真面目な人が多そうな気がしたので」という理由で参加した女性もいます。一夜だけの関係を望んでいたり、冷やかしで参加する人は、確かにいなそうなイメージですね。そういった点でも、安心感があります。

 

まとめ

いまの時代、外見や肩書より、お相手の内面を重視する人が増えているようです。もしあなたもお相手に対してそうであれば―また、自分のスペックに自信はないが、内面を気に入ってくれる人が現れれば…と思っていたら、寺コンはうってつけなのかもしれません。

あなたがお寺や仏教に興味が無かったとしても、一度参加してみてはいかがでしょうか。新しい出会いや価値観が見出せるかもしれませんよ。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です