未婚の方を応援するサイト

シングルマザーの生活費はどうなってる?母子家庭と貧困の問題


シングルマザーというと、未婚のまま出産もしくは離婚をして一人で子育てをしている頑張っているお母さんという印象です(印象というか実際そうですね)。テレビを見ていると、頻繁に取り上げられるシングルマザー奮闘記の特集。シングルマザーにかかる生活費や貧困の問題について調べていきたいと思います。

 

シングルマザーの生活費

シングルマザーの殆どは、仕事を持っていることでしょう。でないと、子供を養っていけないから。自分のことはさておき、子供のためなら自分の自由な時間は働き続けたいというのが本音かと思います。なぜなら、子供の将来までも見据えて貯蓄していかねばならないからです。

仕事といっても、正社員ならさておき、アルバイトやパートで月10万円以上稼ぐのは大変でしょう。手に職のある女性の月収はそれ以上でしょうし、養育費ももらえているなら貧困とまではいかずに一般家庭と大差なく暮らしていけていると思います。ただ、手に職を持つにしても子育てをしながら資格を取得するのは現実的に難しいのではないでしょうか。夜の仕事と両立する女性も少なくないですが、そうすると子供と接する時間が大幅に減ってしまいます。

厚生労働省の「平成23年全国母子世帯等調査」によると、母子家庭の母の年収は223万円。そのうち、就労収入は181万円が平均とのことです。この差は、生活保護、児童手当給付金などが含まれているかいないかの差ですね。これを月に換算すると、シングルマザーが稼ぐお金は月収15万円程度が平均ということ。それに加えて、各種手当を含めると、約186,000円の収入があるという結果に。ここには、子供の人数、年齢などの事情は含まれていないので深く掘り下げてみたいですが、家庭内の理由は様々。厳しい懐事情に代わりはないのでしょう。

 

子供達に安価な料金で食事を提供する「こども食堂」

先日、テレビで「こども食堂」なるものの存在を初めて目にしました。今現在全国に約500ヶ所、その数も年々増加中とのこと。地域の大人が、子供たちに無料や安価な料金で食事を提供する、安心して過ごせる場所だそうです。そのご飯を作る方は、なんと皆さんボランティア。子供たちは100円、付添いの方がいれば300円。なかには、子供だけで100円玉を握りしめて食堂へやってくることも珍しくはないとのこと。地域に親切で心の優しい大人がいるから成り立っているんですね。安いけどどんな食事なのかと見てみると、やはり主婦のプロが作る料理ですからとっても美味しそう!

 

助けてもらえるところには助けて頂こう

とにかく月15万は頑張って稼ごう!と決めましょう。そして、今度はそこから引かれていくものを考えて行きましょう。

  • 家賃
  • 食費
  • 日用品・雑貨
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 学用費・教育費
  • 保険

これらを支払い、残額で外食、洋服などを買う、子供と遊びに出かけるなんてことが可能なのでしょうか。さらには、貯蓄する分までなければなりません。

行政機関、実の両親、兄弟姉妹、友人、同僚、知人や隣人でも色々な所に相談してみましょう。話は広がって行き、何かあった時に助けてくれる率が上がりますよ。一人では決して抱え込まないでくださいね。

 

節約はできることからやっていこう

お風呂の温度設定

気温に合わせて設定温度を変えるとガス代節約に!設定温度を1度下げるだけで約3.5円の節約に。たった?と思うかもしれませんが、1年のこととして考えると、数千円の節約になるのです。

 

余熱調理

厚手の鍋があればパスタ、そうめん、蕎麦は余熱だけで充分茹で上がります。

 

レンジの利用

冷凍食品を温めるなら、事前に冷蔵庫で解凍すると電気代が浮きますよ。野菜の下ごしらえにレンジを利用すれば、光熱費の節約以外に時間の短縮にもなります。

 

まとめ

シングルマザーにかかる生活費や貧困の問題についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

今後さらに増えていくであろう母子家庭、シングルマザーの課題。政治家が一番守るべきは、この国の未来を背負って立つ子供たちです。今後も法律改正や補助金などの動きを見守っていきたいと思います。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です