未婚の方を応援するサイト

子供の未婚は親のせい?親心につけ込んだ婚活トラブルに注意


いつまでたっても結婚しない娘を不安に思う両親。心配で仕方がない様子。容易に思い浮かぶ情景ですよね。そんな娘を思う親心につけ込む婚活トラブルが急上昇中。まさか自分には関係のない話、と受け流すのは待った!確認の意味で読み進めてみてくださいね。

 

親心につけ込む婚活トラブル

近年、晩婚化生涯未婚率の上昇などと言われていますが、わたしたちの親の世代は「結婚=幸せ、人生のゴール」という認識でいる方が大変に多いと思われます。そんな親たちは、娘に早く結婚してほしい、誰かいい人はいないかとあくせくしている状態。

結果、「代理婚活」などと言う言葉までもが生まれました。これは、結婚をする気がない(仕事が忙しいなども理由?)娘のために、親が代理で婚活に励むというものです。自分の娘に合う男性はいないか、親同士でのお見合い(自分の息子と娘を紹介しあうシステム)が名称の発端となっています。

そんななか、国民生活センターに親の「婚活トラブル」についての相談が相次いで寄せられているとのこと。電話勧誘は当然のこと、家庭訪問まで行い高額な料金設定のもと、契約させようとする業者が増加中なのです!「子供が結婚しないのは親の責任だ」「子供に話すと反対するだろうから内緒にしなさい」などと言われては、どうしたってトラブルになるのは避けられない現実でありましょう。

 

あなたの親は大丈夫?

どんな親でも、娘の幸せを心から願っています。実家にいつまでもいてくれる娘は確かにありがたいし、可愛くて仕方がないでしょう。その期間が長ければ長いほど、手放したくもなくなるかもしれません。「いつまでも家にいていいんだよ」と口では言う親ですが、それでも大事で可愛いあなたが結婚してくれたら泣いて喜ぶに違いありません。そんな親だからこそ。娘を溺愛する親だからこそ。こうした婚活トラブルに陥りやすいのです。

あなたの母親、父親は大丈夫ですか。あなたに依存しすぎていませんか。あなたの幸せを心底願い、「結婚、結婚」と口に出しているようならまだ大丈夫かもしれません。ですが、30歳も半ばを過ぎると「結婚」の「け」の字も出さなくなってくるときがやってきます。そうしたとき。密かに「代理婚活」を実行していないか、婚活トラブルに陥りそうになっていないか、その把握をしておかなければならないのは誰でもない、あなた自身なのですよ。

 

親の心配は「ありがた迷惑?」

そうはいっても、親の言うことや話すことはくどくてイライラとするもの。心配されればされるほど反抗したくなってしまう気持ちも分かります。第二、第三の反抗期なのでしょうか…。親は、「結婚についてどう話を切りだせばいいか分からない」「結婚の話になると機嫌が悪くなるので切りだせない」といった思いで、結婚相談所に足を運んでくるようです。

確かに、今生きているのは親の人生ではなく「わたしの人生」。わたしの思うままに生きたいですよね。ただ、もしも娘を心配し過ぎたからこそ「婚活トラブル」に巻き込まれてしまったのだとしたら…。きちんと警察に相談なり通報をして、悪徳業者を捉えましょう。これ以上結婚に悩む人々がこうしたどうしようもない業者の被害に遭わないためにも!

 

まとめ

親心につけ込んだ婚活トラブルについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

「心配は、されているうちが花」とはよく言ったもの。あなたも歳を取りますが同じように親だって歳を取るのです。あなたがもしこれから先子供を産むことになったとして、今の親と同じ年齢になった時。初めて、親のありがたみが分かるのかもしれませんね。親は心配をする生き物。代理婚活までしてくれる親に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です