未婚の方を応援するサイト

稼ぐ女性ほど未婚になりやすい?高収入未婚女性の実態


2015年の国勢調査で、『”高収入な女性の未婚率”が高くなっている』という結果が出ています。

今回は、何故そのような結果が出たのか、また自分自身に当てはめたときの解決策・対策はどんなものがあるのかを見ていきましょう。

 

未婚者の増加―具体的にどれくらい?

”生涯未婚率”は、50歳の時点で未婚である場合を統計したものです。その上で国立社会保障・人口問題研究所による2015年の統計によれば、この生涯未婚率は男性23.37%、女性14.06%という結果になっています。これは、前回2010年の調査よりも、男性が約3.23ポイント、女性が約3.45ポイント上昇しているという結果です。これはいずれも『過去最高』を更新しているとのこと。

 

高収入女性の未婚率が高くなっている

上記の統計で、東京での調査結果は特に注目に値します。2015年、東京における生涯未婚率は、男性が26.06%全国3位、女性については19.20%。女性についてはは全国1位という結果です。

この数字について分析したとき、東京で働く女性の賃金水準が高いことが、未婚率の上昇に繋がっているのではないかと言われています。

 

何故、収入が多いと未婚率が上がるの?

一概に「この理由」という一つのことが挙げられるわけでなく、これには人により様々な原因があることでしょう。いくつか見ていきましょう。

 

女性の社会進出が未婚化を推し進める

経済学者のゲイリー・ベッカーは、「女性の経済的自立仮説」を提唱しています。女性が経済的に自立していると、男性に経済的に依存する必要性がなくなるため、結婚に対するメリットが一つ消滅した状態になるのです。しかしこれは、男女平等が行き渡った社会においての話。日本ではまだまだ、社会に於いてのジェンダーレスな考え方は浸透していないといえます。とはいえ、女性も努力次第で十分に出世を望める現代、生活に困らない程度の収入があれば、パートナーに頼る必要性がないわけです。

逆に、「結婚して専業主婦になりたい」と考えている女性も居ます。しかし結婚して自分が仕事を辞めてしまうと、『今の自分より所得の少ない夫の稼ぎだけで家庭を持つのは、現実的ではない』と考えます。そのために、条件に合った男性にめぐり合えないままである場合もあります。

 

収入が多い=忙しい、時間が無い

収入に関わらず結婚願望があるとしても、高収入であるということは、それだけ勤務拘束時間が長いことが考えられます。出会いの場に赴く時間も無かったり、お付き合いしている人が居ても仕事に忙しく、なかなか結婚話に進まなかったりしています。

 

仕事が楽しい

収入がどう、結婚願望の有無に関わらず、今の仕事が楽しい、充実している、もっともっとキャリアを積みたい!と考える女性も少なくないでしょう。働いた分収入に返ってくる職種なら尚更、「高所得女性の未婚化」を、裏付ける現実と言えるかもしれません。

 

そもそも結婚に魅力を感じない

全く、というわけでないにしろ、今の生活と収入を捨ててまで結婚して、今以上の満足感・メリットはあるのだろうか…デメリットの方が大きいのでは無いだろうかと考えたとき、未婚を選択することもあるでしょう。老後についても、今働いて得た収入を貯蓄しておけば、誰にも頼らず悠々自適に暮らせる。そう考えたら、家族や結婚に縛られず一生を楽しみたいと考えるのかもしれません。

 

周りの高収入女性も未婚であることで、安心感がある

バリバリ仕事ができる、かっこいい女上司が未婚であったら、「誰にも依存しない、こんな生き方もかっこいいな」と憧れるかもしれません。そういったライフスタイルの女性は年々増えています。部下の女性たちがそれを見て、自分がこの先独身として生きていくことを選択することに、あまり不安を覚えないのかもしれません。

 

まとめ

「自分は比較的高収入だけれど、結婚願望はある!」という方の中で、上記に挙げてきた理由に当てはまる部分はあったでしょうか?

もし、「収入が下がっても・または退職してもいいので結婚したい」と考える場合、手始めに何が出来るでしょう。それは、『自分を大切にする時間を作ること』です。

ジムやサロンで、自分を磨く時間はとっているかもしれません。しかしこの場合、一人で過ごす時間としてオススメしたいのは、カフェや公園で本を読んだり、一人でバーに行ってみたりなど、出会いに繋がる”お一人様時間”を持つことです。自分を磨くのはとても基本的で大切なことですが、そうして綺麗にして待っているだけで理想のお相手がどこからか沸いてくれることはないのです。

何かを得るには何かを犠牲にしなくてはならないときがあります。収入が下がることが判っていながら労働時間を減らすのは勇気が要るかもしれませんが、調整できるのであれば残業を減らし、その時間を是非自分自身のために使ってみてください。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です