未婚の方を応援するサイト

未婚で寂しい人におすすめ!シェアハウスに住むという選択肢


最近耳にする、『シェアハウス』『ソーシャルアパートメント』。こういった新しい形式の生活スタイルが、全国各地で広まり始めています。実は、独身女性にとって『シェアハウスに住む』という選択には、いくつかのメリットがあります。この記事では、シェアハウスに住むことで得られるメリットについてまとめました。

 

そもそもシェアハウスってどんなところ?

メディアでもよく取り上げられるようになっているので、大体の想像はつくかもしれませんね。おおよそ独り身の人が、一つの家や建物に同居する住居です。ときに、カップル友人同士で入居している場合もあります。

普通のアパートやマンションのように、各部屋に水場やキッチンなどがあるわけではありません。生活に必要なツール…キッチン、トイレ、風呂などは一つで、それを皆で使います。寝る場所については各自の部屋があったり、一つの部屋に二段ベッドがいくつか設置されているところもあります。お家賃や地域によって、待遇は変わってくるでしょう。

住人同士が干渉し合わないところもあれば、定期的にレクリエーションを催したり、掃除や炊事を当番制にして、皆で食事を摂ったりという密な関係性のあるコロニーもあります。

場所によっては、そこが「民宿」になっていて、旅行者を宿泊させる機能を持つこともあります。その場合、”住み込みの従業員”という形で、その施設に住みながら交代で民宿を切り盛りするスタイルもあります。このとき、給与と相殺でお家賃が免除であったり、別途給与が発生することもあります。

 

独身者にとってのシェアハウスに住むメリット

住居自体が、出会いの場

何といっても、「出会いがある」というのは大きなメリットでしょう。シェアハウスは長く住む人も居ますが、短期間で出て行く人も多くいます。モノを多く持たないので引越しがしやすいことや、学生をやっている数年間だけここで暮らすという人、旅の途中で長期滞在している人、中には外国人も多くいます。

年齢も幅広く、背景も本当にそれぞれです。同性の友達もできますね。こういった、普通に暮らしていれば出会うことの無かったタイプの人と知り合えるのは、いい機会といえるでしょう。

 

家事を覚える

シェアハウスは、家事が当番制であることが多いです。”食事は各自で。掃除は管理人がします!”という場所ならあまりすることがないかもしれませんが、共用部分の掃除や夕食当番、日用常備品の買出しなど、分担されているところを敢えて選ぶと良いでしょう。そうすると、今まで一人暮らしの経験が無いために家事に自信が無かったとしても、いきなり一人暮らしをするよりは良いでしょう。先輩住人に聞きながら、効率的に家事をこなせる方法を学ぶことができるからです。

 

コミュニケーション力が上がる

これも魅力の一つです。実際シェアハウスに住む必要が無い人でも、「コミュニケーション能力を育みたい」という動機で、敢えて入居する人もたくさんいるようなのです。

元々が共通点の無い住人同士が集まるシェアハウスの場合、尚更、雑談の内容や他の住人への気遣いも洗練されていくことでしょう。「それはさすがに疲れるのでは」…と思うようなら、自分と共通点のある人が集まるシェアハウスを探してみるのもアリです。例えば”出張で短期入居””学生限定””○○代(年齢)限定”など。トーク力や連絡事項に関するスキルも期待できるかも?

 

防犯面が安心

一人暮らしをした経験が無いと、特に女性の場合は防犯面で不安に思うことがあるかもしれません。オートロックでも、エントランスに入るときに不審者に付いて来られたら?窓から不審者が侵入してきたら?なんて考えたら、キリがありません。

シェアハウスなら必ず誰かが家にいたり、管理人がちょくちょく来てくれたりと、”一人ではない安心感”は間違いなく得られそうですね。

 

まとめ

シェアハウスに住むことで得られるメリットについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

周りの友人は結婚していき、いつのまにか孤独になってしまった・・と感じている人には特にオススメの”シェアハウス”。住居も誰かと一緒なら、孤独感を覚える余裕は無いはずですね。選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です