未婚の方を応援するサイト

日本とヨーロッパ女性の結婚への考え方の違いとは?


日本でも、近年では未婚率が男女とも高くなりつつあります。ですが、日本の女性の結婚観とヨーロッパの女性の結婚観には「様々な違い」があるのをご存知でしょうか?個人主義であり、また自立心の強いヨーロッパの女性達は、日本の女性が持っている結婚への考えとは全く別な考えを持っているのです。

今回は、日本とヨーロッパの女性の「結婚観の違い」について、解説していきたいと思います。

 

ヨーロッパの女性が理解出来ない、日本女性の結婚観

ヨーロッパの女性が理解出来ない日本女性の結婚に対する考え方とは、つまり「世間に縛られているもの」「他人と合わせないとならないもの」です。

日本は長らく結婚率が高く、適齢期になれば結婚し、結婚すれば家庭に入り、子育ては主に女性がする、という概念がいつの間にか当たり前になっています。また、それが世間の常識化となり、未婚であると他人から比べられ、変わっているのではないか、また時には「行き遅れて可哀想だ」、つまり「周りは結婚しているのに、自分だけ違うのが間違っている」という考え方につながりやすくなっています。

また、近年流行になっている「婚活」であったり、昔で言えば「お見合い」であったりなど、「見えない結婚相手に期待する」のも、ヨーロッパの女性にしてみれば日本女性の結婚観に首をかしげてしまいます。「愛があるからこそ一緒になる」ことが大前提のヨーロッパの女性達にとって、日本女性の男性に求める学歴社会での地位収入を前提に考えて結婚相手を探すこと自体が、「結婚相手としてあるべき姿を理想化する」という結婚に対する考え方は、「相手の理想論」を明確にしないヨーロッパの女性の結婚観とはかけ離れているところなのです。

 

ずっと愛し続けたいから、自分の幸せの為の結婚観

ヨーロッパの女性の結婚観は、日本女性のそれとは大きく異なります。国も文化も違いがあるからこそ、というのもありますが、ヨーロッパの女性は、相手に対し理想を現実化するのではなく、「今愛する人とより良い関係を築くため」、つまり関係のより良い強さを求めるために結婚します。そこには日本女性にありがちの「(存在しない)相手への理想感」はありません

個人主義が強く、いくつになっても愛し続ける「女性」でいたいというヨーロッパの女性は、結婚に関しても現実主義を貫きます。現実にいる相手との関係、そして子供が出来ても相手を「父と母ではなく、夫と妻というパートナー」であることを望みます。そして、結婚しても家庭に入るという考えはなく、社会でのキャリアアップと同様に「結婚で得る幸せ」を純粋に考えます。

そして、必ずしも「結婚」という形にとらわれないのもヨーロッパ女性の特徴です。愛し続けられるからこそ、結婚という形をとらず、「同棲」「別居婚」を長く続けるカップルが多いのも特徴です。だからといって、周囲も強制的に結婚という選択肢を勧めることはありません。これは、「同棲婚」に対し寛容な文化が存在していることも理由のひとつでもあります。

また、互いの両親に日本のような気を使わないのも、ヨーロッパの結婚に対する考え方のひとつです。

「人に合わせる」という観念の強い日本と違い、「人とは違う」ことを求めるヨーロッパの女性達は、考えや生き方を他人に押し付けることなく「自分だけの幸せ」を優先に考え、それは結婚にも通じます。個人主義であるがゆえに、周りがどうであろうと、自分がどうあれば幸せなのかということを最優先に考え、その先に結婚という選択肢が存在しているのです。

 

まとめ

このように、日本女性とヨーロッパ女性の「結婚」に対する考え方の違いを解説してみましたが、いかがでしたでしょうか?

国の文化の違いから、一概にヨーロッパの女性のような「結婚」を日本という国で実行することはまだ困難かもしれません。

ですが、ヨーロッパ女性の結婚観を知ることで「他人と比べたりしない、同じにならない」といった他人に縛られることのない、自分の幸せを得るために自分にとって何が大切であるかという考え方は、日本の女性がヨーロッパの女性の価値観として見習う点のひとつではないかと思います。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です