未婚の方を応援するサイト

未婚女性にオススメの年末年始の過ごし方3選


歳を重ねるごとに、そう、特に40代になるとクリスマスより年末年始の過ごし方を考えると寂しくなりますよね。せっかくの長期休暇なのに「特にすることないな…」なんて。でも、未婚女性だからこそできることもたくさんあります。

今回はそんな未婚女性にオススメの年末年始の過ごし方をいくつか挙げてみようと思います。

 

海外旅行へ出かける

未婚女性だからこそできること、大きなことだとやはり、海外旅行ではないでしょうか?家庭を持つと、年末年始を利用しての海外旅行は少しハードルが高くなるのではないでしょうか。未婚の身軽さを利用して、海外旅行へ出掛けてみてはいかがでしょうか?海外で年末年始を迎えるなんて素敵ですよね。

そして、もう1つ大きめなこと。それは、「プチ留学」です。これこそ、未婚だからこそできることではないでしょうか!?語学の勉強、お料理の勉強、ヨガの勉強、フラワーアレンジメントなどなど、「プチ留学」を利用して、年末年始を有意義な時間にし、「1年間の自分へのご褒美。新しい年への活力。」になること間違いなしです!

 

日頃、意外と出来ないことをする

年末年始などの長期のお休みだからこそできることをするのはいかがでしょうか?

意外とあると思います。まずは、この1年を振り返ってみて「あれしたかったな」と思うことを紙に書いてみてはいかがでしょうか?その中から、手軽にできることや、または興味を示すことをやる、ということです。お休み中に「あー、退屈」と思っても、ふとみかんの横に置いてあるその「したかったなリスト」を見ると、退屈なんて思っている暇はないかもしれませんよ(笑)。参考までに、少しアイディアをアップしてみます。

 

*DVDデッキの中に溜まりまくったTV番組を観まくる。( 新しい年の新番組などのスペース確保にも繋がる)

*長いTVシリーズなどのDVDを観まくる。(ネット配信利用もGood!)

*シリーズもののマンガを読破する。

*部屋の中で眠っている未読の本を読破する。

*入浴剤を入れて、ゆーっくり入浴する。(音楽を聴きながらもGood!)

*フェイシャルマッサージやコットンパックなどを、毎日のようにして「年末年始、集中ケア」を自分でやってみる。

*近所を1時間ぐらい、ゆったり歩いてみる。

*インターネットで見つけた「後でゆっくりみよ」をみる。

*好きな香りのアロマをたいて、お家ヨガをする。(ヨガインストラクターは、DVDやYouTubeなどを参考に)

*日頃時間がなくて作らないようなお料理をゆっくり作る。

*お菓子作り。

*遠く離れている友達とTV電話をする。(時間帯を気にせず、お酒を呑みながらするのも、年末年始ならでは!?かも。)

*断捨離する。(まだ使えそうなものは、リサイクルショップへ持って行く。または、ネットで売ってみる。)

*マラソンを始めてみる。

*カーテンや布団カバーを新調し、新年を新しい気分で迎える。

*何か手芸を始めてみる。

 

定番の実家への帰省をする

実家に帰省する。「まだ結婚しないの?」や「私たちも、後何10年も生きないわよ。あなた、このまま独りで生きて行くつもり?」と言われても、やはり家族、ゆっくりまったりと実家で年末年始を過ごしてはいかがでしょうか?

家族の温かみを感じ、新しい年を愛に包まれた新年で迎えることができるかも?少なくとも、懐かしい家庭の味を堪能できるのでは?

幼い頃や大学時代の同級生に会う。悩みの種類は多種多様でも、老いの悩みは同じスピードで進むので、健康面やアンチ・エイジングについての情報を共有できるかもしれませんよ。

実家に帰るのも同級生に会うのも「精神的にもう無理」という方もいらっしゃると思います。そんな方は、定番ですが、「年末年始特番」のTV・ラジオ・ネット放送などを、観たり聴いたりするというのはどうでしょうか?「年末年始の特番も、毎年同じで飽きた…」と思われるかもしれませんが。それでも「初笑い」のポイントは、どこかに散りばめられていると思います。笑う門には福来たりです!

 

まとめ

未婚女性にオススメの年末年始の過ごし方を3つご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

日頃、一人でがんばっている未婚女性。年末年始は、がんばって海外に行くのもよし、寝正月を送るのもよし。無理しなく良いと思います。ただ、1つだけ、新年を迎えたらどこかで「笑って」下さいね。笑いヨガでも大丈夫です!無理やり笑うのでもOKだそうです。「笑う心」と「笑う顔」を新しい1年用に形状記憶させておきましょう~。きっと新しい素敵な1年が待っています。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles