未婚の方を応援するサイト

未婚だからこそ取得しておきたい資格5選


一生未婚でいることを決めた女性、結婚を諦めた女性、独身を謳歌している女性、どんな女性にでも言えることですが、未婚でいるには自分が生計を立てていく必要があるということです。アルバイトやパート、派遣社員として今生計を立てている方も多いことでしょう。今はそれでもよいのですが、将来はどうでしょうか?

何歳まで健康で働いていられるか、いつ契約を切られるか。そんな不安に打ちひしがれながら働いていく環境というのは、大変に辛いものがあります。だからといって、正社員になれば確実に老後の保障があるのかというとそんな時代でもないのが実態ですよね。

それならば、一生食べていける資格を身に着けるというのはいかがでしょうか?女性一人でも生きていくには、これからの時代、一生ものの資格というのは特別であると早くに認識する必要があるのです。

では、どんな資格を取っておけば安心でしょうか?今回は、未婚だからこそ取得しておきたい資格5選をご紹介いたします。

 

介護職員初任者

いわゆるホームヘルパーです。介護職には未来しかありません。人間、「老い」や「死」は切っても切り離せない確実にやってくる人生の一つの区切り。少子高齢化が加速している昨今、まさに介護関連の資格は持っていて絶対に損をしない資格と言っても過言ではないでしょう。

介護をいざするというときに必要なスキル、最低限の知識などを身に着け、介護職に携われるようになります。医療系の学校を卒業していなくても受講可能であり、未経験者でも取得できてしまう意外と取りやすい身近な資格なのです。

この資格を持っていれば、福祉施設やデイサービスセンター、訪問介護サービスなどの正社員として働くことが可能となります。

 

医療事務

医療事務という資格を耳にしたことがある方は多いと思います。女性が取りやすい資格ということで一番人気。病院では、医師を縁の下で支える事務業務ができる人材が必要不可欠です。病院のない場所って、日本全国ありませんよね。その分ニーズがあるということ。

資格自体の難易度も低いので、今現在働きながらでも充分取得することは可能でしょう。

 

 

行政書士

難易度は少々高いですが、持っていて損のない資格です。平均年収は600~700万程度といわれていますが、実力次第で100万円以下にも1億円以上にもなるというまさにやりがいのある仕事と言えるでしょう。独立開業したい人向けの資格で、法律入門資格と呼ばれたりもします。

主にどんな仕事内容かというと、法律に関する書類作成代行がメインです。そのため、法律に少しでも関わったことがある人には断然有利に取れる資格と言えるでしょう。

ドラマ「カバチタレ!」では、常盤貴子さんと深津絵里さんのダブル主演で、行政書士という職種が一気に世間に知れ渡ることとなりました。

 

保育士

保育士は、世間が思っている以上に取得しやすい資格です。少子高齢化と言われていますが、それでも子供のいない世界はありえません。保育所を利用する子供は、2016年4月時点で245万人を突破するなど、保育士は今現在最も必要とされる資格なのです。

活躍の場は、保育所だけに留まりません。児童福祉施設、ベビーシッターなどいくらでも働ける環境にあるのです。

試験には筆記と実技があり、筆記は9科目あるのですが6割以上の得点でその科目は合格となり、一度合格した科目は三年間有効など実に取りやすい資格ですね。

 

調理師

言わずもがな、調理のプロです。飲食業界で働く方、働いている方、将来飲食店を開業したい方なら、是非とも取得しておきたい資格ですね。

メリットはたくさんあります。まず飲食店を開ける、他の資格取得にも繋がる、キャリアアップに役立つ、実生活でもその知識は活かせるなど様々。

合格率が約60%で全てマークシート方式であることを考えれば、取っておいて損はない資格と言えますね。

 

まとめ

未婚だからこそ取得しておきたい資格5選をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

5つをご紹介いたしましたが、他にも資格は多様に存在します。自分の経験、好みなどを活かし、一生ものの資格を手に入れたいですね!

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です