未婚の方を応援するサイト

未婚のメリット・デメリットを冷静に分析してみた


未婚率が上昇する日本。しかし、これは日本人のライフスタイルが変化しつつあるとも言え、未婚のままでいるメリットはたくさんあるのです。今回は、未婚のメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

未婚のメリット

未婚のメリットは想像以上に多いかもしれません。ここからは未婚のメリットをいくつか紹介していきます。

 

収入はすべて自分のもの!

頑張って稼いだお金はすべてが自分のためのお金です。貯蓄しようが、衝動買いをしようが、ブランドものを買いあさろうが、旅行へ行こうが、趣味に使おうが自由なのです。その使い道も、誰に文句を言われることもありません。

 

恋愛もセックスライフも自由気まま

まあ、これは未婚だけに限定されてしまいますが(恋人がいる人は除外させていただきます)。誰と恋愛しようが何股かけようがそんなものは自己責任ですから遊びの範疇です。複数の異性とのお付き合いも、既婚者なら不倫としてバレてしまった時には家庭崩壊、慰謝料etc…大きなリスクがありますが、未婚者なら自由恋愛が可能です。

周囲の目があるのであからさまに職場同士で……なんてことは難しいかもしれませんが、シングル同士ならば許される行為なのです。

 

親戚問題に巻き込まれない

結婚は個人間の問題だけではないのですよね。そこには必ず、お互いの家族が介入してくるわけです。こうした面倒事に巻き込まれるのは誰しもが避けたいでしょう。関わらなくてもいいなら関わらないに越したことはありません。

 

自由に趣味に没頭できる

どんな趣味を持っても自由です。
結婚してしまうと、趣味を持つ時間すら確保できない場合が多いはずです。
ギターを弾いても、アニメオタクになっても、何かのコレクションを大量に集めたって誰にも文句を言われることはありません。

 

 

未婚のデメリット

ここまで、未婚がいかに魅力的か、メリットをいくつか紹介してきました。では、反対にデメリットはどうでしょうか。いくつか見てみましょう。

 

一生働かなければならない

これは女性側の意見でしたが、男性にも言えることだと思います。宝くじが当たったり、競馬で万馬券でも当たれば良いのですが、普通に生活していく分には困らなくとも、老後までを見据えてみると、お金は意外と残らないもの。
年金だけを当てにしていると痛い目を見ることになるかもしれません。相手の収入に頼れない以上、自分が働き続けなければならないのです。

 

子供が産めない

既婚でも子供のいない夫婦はたくさんありますが、それとはまた別問題。未婚で子供がいないというのは、次元の違う話です。旦那はいらないけれど、自分の子供は欲しいと考える女性は意外と多いのではないでしょうか?

これは「少子化」の根源の問題と言えるでしょう。

 

周囲の目が厳しい

自分は良くても、周囲はそうはいきません。諦めのついた両親は家にいていいんだよと言ってくれる場合が多いかもしれませんが、まだ諦めきれない両親は、様々な手段で娘を結婚させようと仕向けてくるでしょう。「料理教室通いなさい」「早く孫の顔が見たい」「結婚相談所に登録したらどう?」言うのはタダですが、行動を起こすのは自分なのです。

できればほうっておいてもらいたいですよね…。

 

病気の時のリスクが大きい

病気になった場合、怪我などで入院することになった場合、これは大変です。ましてや、両親も遠方に住んでいたり、頼れる身軽な友人がいなかったりすると、すべてを自分一人でやらなくてはなりません。入院の準備、手続から、保険会社への連絡、入院中は医師や看護師がいるからいいですが、中途半端に退院させられたりすると、骨折しながらの家事、など大変な日常が待ち受けています。

 

まとめ

未婚のメリットとデメリットをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
未婚のメリットとデメリット、両方見ていただきましたが、ここで紹介しているのはごくごく一部です。その他にもたくさんのメリット、デメリットは存在します。だから、結婚した方が良いとかしない方が良いというわけではありません。

結婚にもメリットとデメリットが存在するからです。良い面だけを見るのか、悪い面にも目を向けるのかは、すべてはあなた次第。あなたの心の持ちようで、デメリットもメリットへと変化を遂げる可能性もあることでしょう。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です