未婚の方を応援するサイト

未婚だと色々不安…未婚女の「将来への不安」に対しての心構え


未婚の生活は気楽でいいけれど、やっぱりひとりだと寂しいこともある、将来を考えて一人だと不安もある・・・そんな方は多いと思います。シングルライフ、親の問題、老後の不安など、挙げればきりがないですが、それは決してあなただけが抱えている問題ではありません。今のうちから人生設計を立てておいて、これから先の将来も安心して生活していけるように、今から準備しておくことが大切です。
今回は「未婚の方が抱える不安に対しての心構え」を解説していきます。

 

「ひとりの生活は寂しい」という不安への心構え

既婚者に比べると、シングルライフは寂しいのではないかと不安に思う人もいるでしょう。ですが、周りを見渡せば同じように形はどうであれ「寂しさ不安」に置かれている人は多くいるものです。

 

家庭があるとなかなかそうもいきませんが、仕事以外に趣味に没頭したり、同じ目的を持つ仲間のコミュニティに入ったり、スポーツジムやヨガ教室などに通うのもひとりにならずに済むので飽きがきません。

また、「ひとりでも楽しめる」趣味を作っておくことも大事です。音楽であったり、絵画鑑賞や美術館巡りなど、休みの日にゆっくりと自分歩きに没頭するのも悪くありません。

 

その中で出会った人たちが生涯の友人になることもありますので、交友関係は幅広く持つことが大切です。
また、恋愛も年を取ってからでも十分出来るものです。いつでも心身ともに健やかな自分を創っておくことも、異性との思わぬ出会いにつながりやすいですよ。

 

親の老後や介護の不安に対しての心構え

いくらシングルライフといっても、やはり親は親の事で子供はどうしていいものか分からない人が多いでしょう。自分の親が老いて、病気になったり介護が必要になってきた場合、どうしていいか不安な人もいますよね。
今、高齢者人口は急激に増加しているので、介護業界はある意味競争社会と化しています。それは介護を受けるほうにも影響しており、なかなか特養施設に入れない実情も存在します。

親の老後のためには、まず親子どうしで親がどのようにして欲しいか話を聞くことから始めましょう。あなたのお父さんやお母さんが年老いて、もし介護などが必要になったらどうして欲しいかをあらかじめ聞いておくことは大切なことです。世話をして欲しい、して欲しくない、家庭によって違いはあるでしょう。ですが、親の大半は、自分の子供に迷惑はかけたくないものです。

介護が必要になっても、その人はその人であり続けるのです。自分の両親と保険について考えたり、相続はどのようにしたらいいか話し合ったり、またお墓の問題などは、親子が元気なうちから決まり事として決めておいたほうが、後々の不安がなくなります。

 

自分の老後の不安に対しての心構え

やはり親も年を取るように、自分もやがて年をとっていきます。自分の親に対してと同じように、ひとりだと自分の老後が心配な方も非常に多いのではないでしょうか。ですが、既婚者と比べれば、配偶者や子供に負担がかかるかもという心配も生まれますが、未婚の場合は自分の人生設計で老後のために何をすべきかは自分で決めることが出来ます。

まだ今のうちから、貯蓄をしておくなどお金にルーズにならないように気をつけて、毎月数万ずつ貯めるだけでも将来全く違ってきます。

親のときと同様困らないように、普段から先を見据えておくことも大切です。また、老後になるとひとりになってまた寂しいのではないかという不安も生まれますが、現在でも一人暮らしのお年寄りは多く、今後急増していくと思われます。そのために、年を取り始めてからも人との繋がりは必ず大切に持っておくことが大事です。同じように、老後ひとりで暮らしていく人は沢山いるので、決してひとりだと思わないことが大切です。

心構えとして、やはり必要なのは独立心です。自分は自立した人間であるということを忘れずに、生涯をすごしたいものです。

 

まとめ

「未婚の方が抱える不安に対しての心構え」を解説していきましたがいかがでしたでしょうか?

一人暮らしの老人は今後増大していくことが予想されます。自分で準備できる事もあるので、今のうちから人生設計について考える時間を作っていきましょう。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です