未婚の方を応援するサイト

孤独な引きこもり「女性SNEP」が増加!アラサー未婚女の隠された実態


20代の頃には頻繁にお誘いのあった合コン、友人の紹介、友人の結婚式の二次会での出会いなど、チャンスはあらゆるところに存在していました。しかし、年齢を重ねるにつれ周りに既婚者が増え、20代の時のようなキラキラとした出会いの場に招待される機会も減って来ているのではないでしょうか?今回はそんな30代未婚女性の隠された実態として女性の引きこもり「女性SNEP」「アラサー独身女性あるある」をご紹介します。

 

アラサー独身女性あるある3選

実は色々なことに対して臆病である

アラサーと聞くと、自分一人でやってける生活力の持ち主なのではないかという男性目線の方が多いことでしょう。ですが、それは少し違うのです。実際には、素敵な人と出会いがあっても逃げられるのが怖く一歩が踏み出せない。若い女子のライバルが現れれば、それだけでこちらはいつでも身を引く覚悟であります。合コンに参加しても、年齢聞かれたらどうしようと、どう話を切り返していけばいいかの心配ばかりで一切楽しんでなどいられません。年下の男性はどこまでをおばさんとして見てはいないのだろうか。なおかつ、遊ばれるだけで終わるパターンが絶対ありそう。この負の「あるある」をまずどうにかしなければなりませんよね。まあ、これが未婚女の実態であるわけです。

 

自分で全部即決しちゃいます

例えば今夜の食事。二人きりでの食事に持ち運べたところまではいいのですが、男性側が優柔不断であったり、こちらの希望を最大限に聞いて融通を図ろうとしてくださる優しい方もおられます。

ですが、ここで注意。女性側は、これらの行為を「やさしさ」とは判断しません。女性(アラサー女性)は?面倒なことがことごとく大嫌いであります。若い女性のように「何でもいいよ」と可愛く返すことはなかなかありません。アラサー女性の「何でもいいよ」は「本当に何でもいいよ」なのです。この変換が男性側でうまくできていないと、店の予約ができなかったりスムーズに店を予約できなかったりという失敗エピソードが生まれてしまうのでこういった部分は注意するようにしましょう。

 

夜遊びができなくなってくる

20代では朝まで飲み明かすのが定番だったのに、いつの間にやら最終電車で帰宅するのですら億劫となっていきます。そして、土日のお誘いはほぼ高確率で断ることになるでしょう。「何の為にわざわざ休みの日に化粧して、おしゃれして、都内まで出ないとならないわけ?!」となるでしょう。ペットがいればなおのこと。休みの日には、ペットとゆっくり過ごすことが当然になるでしょう。

 

社会問題になりつつある未婚女性の引きこもり「女性SNEP」

これは社会的問題であり、今後爆発的に増えていくであろう日本の闇の問題であるといえるでしょう。そもそも女性SNEPとは、未婚で無職の大人の女性の引きこもりを指します。ニートが15~34歳までの若手無業者を指すのに対し、SNEPは35~59歳以下の中高年含め区別した概念だと言われています。

これらのような事態に陥らないこと、勿論家族の手助け、協力、認知は必ず必要となってきます。女性SNEPが急増していると言われているのですが、総務省の研究によりますと、2011年時点仕事も通学もしなかった20~50代の未婚男女256万人のうち162万人が該当者であったということです。

この問題は、今でこそあまり知られていない事実ですが、公共の目に晒されるのも時間の問題でありましょう。一度SNEPに陥ると這い上がるのは困難な為、様々な手助けを必要とせねばなりません。ネットを使った社会復帰、ネット上だけでも友達作り、ボランティア活動などが有意義かと思われます。

 

まとめ

「女性SNEP」「アラサー独身女性あるある」をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?年齢を重ねると様々なことが億劫になったり、体力がついていかなくなる機会が増えていきます。しかし、自分の体力や気力と相談しながら、自分が楽しいと思うことにマイペースで臨んでみてくださいね。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles