未婚の方を応援するサイト

健康管理ちゃんとできてる?未婚のヘルスケア事情


みなさんは健康管理をされていますか?独身でかつ一人暮らしになると、不摂生な生活をしても誰からも何もお小言を言われません。しかし、現代社会においては若年層の生活習慣病や成人病が増加傾向にあります。また、若くして大病を患う方も0ではありません。では、未婚者はどのように健康を気使えばよいのでしょうか?ここからは、未婚のヘルスケア事情についてみていきましょう。

 

意外と他人事ではない健康事情

独身でいると、どうしても生活サイクルが乱れがちになり、健康とは無縁の日々を過ごす方も多いかと思われます。きちんと健康面の自己管理ができ、ジム通いやジョギング、ウォーキングを日課としている人ならいいのですが、日々の仕事などに追われる日々のなかで、定期的に運動しようと思ってもなかなか時間を割けないことって実際多いですよね。

なかでも、栄養バランスを重要視する声が一番多いとのこと。野菜やビタミンなどは、摂取しようと思わないとなかなか手が出ないかもしれません。気が付いたら、肉料理やこってりとしたおかずにはまっていたなんてことも。

既婚していると、相手の健康管理も自分がしなければという意識が芽生えます。故に、栄養バランスをしっかりと考えた献立ができあがるのでしょう。

ですが、そこは未婚者。なかなか、自分一人の為にせっせと献立を作成するのは難しいのかも。自分だけの体ですからね、既婚者とは根本的な理由からして違うのです。

 

独身を決意するための「健康」思考

健康でいることを望むのは、何も未婚者だけではありません。人間だれしもが望ことであります。
ただし、既婚者の「不健康」と独身者の「不健康」とではちょっとニュアンスが違うのがお分かりになりますでしょうか?

既婚者ならば頼れる存在がすぐ身近にいるのです!それに比べて、独身者には頼りになる存在が周囲にはいません。今はまだいいかもしれません。周りには、友人や同僚、両親や姉妹などいざというときに甘えさせてもらえる存在がいるかもしれません。

ただ、数年後を想像してみてください。頼れる存在が誰もいないかもしれないのです……。現実問題として、本当に自分の世話を焼いてくれる人、面倒をみてくれる人はどれだけいると思いますか。どんなに具合が悪かろうが、インフルエンザになろうが、足を骨折しようが、自分一人ですべてやらなければならないのです。あなたの可愛いペットも、さすがに病院にまでは連れて行ってはくれませんよ。

 

将来への迫りくる「健康面」の恐怖

既婚で、気立てのよい娘でもいれば幸せ者ですよね。もしも入院などする事になった場合、本当に孤独と戦わなければならなくなる独身者。お見舞いに来る人はほぼ皆無、日頃健康に気を付けて生活していたとしても突然病魔は襲ってきます。今は何でも助けてくれる母親だって、自分と同じように歳を取っていくものなのです。そうしたときに、高齢の親にあれこれと頼み事ができますか。そして、そんな様子を見た周囲は、一体どんな思いでわたしたち親子を見ることになるのでしょう。

とにかく、日頃から以下のような健康維持の対策を始めてみましょう。

  • サプリメントを飲む
  • 栄養バランスを考えた食事を摂る
  • 適度な運動をする
  • 糖質ばかりを摂り過ぎない
  • お酒・タバコを控える
  • ストレスを溜めない

病死で死ぬ確率の高い日本人ですが、日頃から気を遣っている人に突然の告知は多くはないでしょう。健康診断や人間ドックなどは毎年必ず受けるようにしましょう。自分の体の変化を敏感に感じ取って、自分の状態を把握することも大事です。未婚だけの問題ではなく、健康を考える誰しもが考えるべき「課題」であるといえるでしょう。

 

まとめ

一生独身でいる可能性が少しでも出てきた場合、自分の「未婚」への意思が固まった場合、まず健康問題を考えるようにしましょう。少しでも健康で長生きできるように。体にいいと言われることには積極的にチャレンジしていきたいものですね。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です