未婚の方を応援するサイト

未婚者の最大のストレス!シングルハラスメントへの対処法とは?


 

皆さんは、シングルハラスメントという言葉を耳にしたことがありますか?シングルハラスメントとは、上司や友人など周りの人に「結婚しないの?一人で寂しくない?」「早くいい人見つけないと」などと、独身・未婚イコール不幸、結婚ができない残念な人と決めつけた言動や態度のことをいいます。口に出した側では悪気があって発した言葉ではないのかもしれません。

ですが、言葉は凶器にもなりえるのです。たった一言が未婚者の怒りを買ったり、不安にさせたり、ストレスをかけられたりと負担を背負わせることになりかねません。こちらの記事ではシングルハラスメントについて触れて見たいと思います。

 

シングルハラスメントの数々

既婚者から見ると、どうにも未婚者は不幸に見えて仕方がないようです。シングルハラスメントの例をいくつか挙げてみましょう。

 

「どうして結婚しないんですか?」

そんなの人の勝手でしょ、と言い返したくなりますよね。まだ良い出会いがないだけ、やりたいことがある、結婚主義者ではないなど、こちらにはこちらの都合があるんですよ。

 

「次は○○さんの番ですね」

とんでもないプレッシャーをかけられたものです。次も何も、わたしのことはほっといてよと声を大にして言ってやりたくなります。

 

「そろそろ考えた方がいいんじゃない?」

あなたの五百倍くらい考えてますけど。何様のつもりなのでしょうか?既婚というだけでこの上から目線はきついですね。

 

「彼氏いないんでしょ?誰か紹介してあげようか?」

余計な御世話にも程があるってもんです。いつわたしが彼氏いないって言ったの?むしろ、彼氏ほしいってあなたに愚痴でもこぼしたことある?!と頭に血が上りそうになりますね。

 

「独身は自由でいいよね。こっちは本当に休みなしで大変」

どういう意味でしょうか。嫌味?自分から自由を手放しておいて、苦労アピールも大概にしてください。

 

このように、数え上げたらキリがないほどシングルハラスメントには様々なものが存在します。自分の考えや意見を他人に押し付ける人がいかに多いことか。シングルハラスメントは、都議会でも問題になったことがあるほどに身近な問題なのです。あなたの周りにもいませんか?あなたが相手の結婚に関する発言にストレスを抱えたとき。それはもう、立派なシングルハラスメントなのです。

 

シングルハラスメントの対処法

では、実際これらの失礼な発言を受けたとき、どう対処すればよいでしょうか?ここからは2つの対処法をご紹介します。

 

無視をする・距離を置く

はっきり言って、無視をするに限ります。さらりと受け流すのがスマートでしょう。未婚者に偏見を持っているような人種とは、今後距離を置くようにしましょう。そうした人は、その他諸々に関しても他人と自分を区別して比較したがるでしょう。自分の方が幸せなのだと自己認識したいのです。だからこそ、こちらを思いつめるような言い方をするのです。

 

ぐうの音も出ないような言い返しで黙らせる

それでもムカムカして言い返してやりたくなったときには、以下の方法が効果的です。

 

  • 「どうしてですか?」「何でですか?」と相手を質問攻めにする
  • 「離婚率って多いですよね」「不倫、すごい流行ってますよねえ」既婚者への切り替えしはこの二点に限ります。
  • 「ひどいなあ、もう。そんな言い方されたら傷つきますよー。お詫びに奢ってください!」笑顔で奢らせましょう。
  • 「独身だと本当に自由な時間があってお金も自由に使えて、本当に幸せなんですよね。ありがとうございます」

 

これらの一言で、相手は黙り込むはずです。

 

まとめ

シングルハラスメントへの対処法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

自分の人生は自分が決めるもの。どちらが幸せで、どちらが不幸だったかなんて知ることができるのは、この世からいなくなる瞬間くらいかもしれません。人には、それぞれの価値観があります。人の言葉に振り回されてはいけません。それでも押しつけがましい人に出会ってしまったら、上手に切り返して相手を黙らせてやりましょう。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です