未婚の方を応援するサイト

未婚率の増加はお見合い結婚減少のせい?現代のお見合い事情とは?


昭和生まれの方でここを読まれている方も多くいることと思います。昭和初期、半ばには「お見合い結婚」なるものが結婚市場を多く占めているのが当たり前の時代がありました。今の若い方、「恋愛結婚」が当たり前の存在であると認識している人々からすると、これは到底信じられない、小説や映画のなかだけの話かと思われる人もいることでしょう。では実際のお見合い結婚はどのような物だったのでしょうか?この記事では、お見合い結婚減少と未婚率の増加の関係性について詳しくみていきましょう。

 

「お見合い」は現代においてはすでに死語?

かつては恋愛や人付き合いの苦手だった者は親戚や隣人、会社の上司などに大変心配をされかいがいしく結婚の世話をしてくれる周囲の手助けが当たり前だったのです。

しかし現代では、核家族化が進み、親戚とも縁遠い人々が増え、隣人の顔すら知らないという状況。また会社の上司も下手に「結婚」話でも持ちだそうものならパワハラ、セクハラで訴えられてもおかしくない状況なのです。

これが時代の流れだからと思えば仕方がないことなのですが、それ故に「お見合い」という言葉は死語となりつつあり、お見合いで結婚したなんて恥ずかしい、とすら思われる風潮まで表れているのが現実なのです。

 

現代は出会いの場は激減している

昔は今よりもっと出会いの場はありませんでした。だからこそ、「お見合い結婚」が当たり前のように盛んだったのです。出会いの場といえば、職場かお見合いというほど選択肢がありませんでした。

今は、どうでしょうか?
友人の紹介などもお見合いの一種に入るのかもしれませんが、職場かお見合いという二つの選択肢のうちの一つが既になくなったといっても過言ではありません。ということは、職場でしか見つけるしかないの?!となりますよね。
あまりにも範囲が狭められています。そんななかで、「結婚」の二文字がプレッシャーとしてのしかかってくると、もうストレス以外の何物でもないですよね。

「いい加減、結婚しなさいよ。」という親が後押ししてくれるわけでもなく、「結婚っていいよ!」という既婚の友人は子育てに追われ、はっきり言ってこちらの人生まで一緒に悩んでくれるわけではありません。出会いを求める人々は、自分で「出会い」の場を探すしか選択肢はなくなったのです。

 

現代のお見合い事情とは?

では、今、あなたの元へお見合いの話が持ち上がったらどうしますか?ここぞとばかりに飛びついて、実際にお見合いをしたとします。その相手で満足ですか?本当にその相手と結婚しますか?

昔とは違い、恋愛の自由、婚活などもあり、男性も女性も色々な異性と出会っています。歳を重ねた人なら、なおさらたくさんの異性を見てきたでしょう。そんななかで、いつの間にか自分のなかでの理想の条件はどんどんどんどん釣り上がってはいませんか?

ただ婚活に明け暮れていた日々では、「誰でもいいから」と願うときもあるでしょう。ですが、実際に(お見合いなどで)一人の男性と会ってみると、思うようにはいかないものなのです。相手の収入も気になりますし、どういった価値観を持っているのか、妥協しあえる共通点はあるのか。ましてや、ここに男性側の親の問題なども入ってくると、話はさらにややこしくなります。両親はご健在なのか、近くに住んでいるのか、遠方に住んでいるのか、年齢や介護問題などに直面する場面もありえます。インターネットやテレビなどで情報は、良くも悪くもわたしたちの耳に入ってきます。

出会いのない人々に、この現代で「お見合い」をさせたとしても、成婚率に大した影響は表れない可能性はあります。

 

まとめ

素敵な人に出会いたい、とは未婚の誰しもが思うこと。「そのためには何をすべきか?」「どこまでなら妥協できるのか?」そんな自分の結婚に対しての考えを見なおすことも必要かもしれません。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles