未婚の方を応援するサイト

未婚をバカにされたらどうする?バカにする人種達と対処法


未婚、独身であることをネタにされることは社会で生きるわたしたちにとってよくある光景です。こちらからすると、「既婚ってたまたまラッキーだっただけでしょ?」と言い返したくなりますよね…。
「あなたみたいな人をバカにするような人間とでも結婚してくれる人間がいる、それだけでもあなたはラッキー人間だよ本当に!」言い返したい気持ちはやまやまですが、そこで相手と同じレベルにまで成り下がっては元も子もありません。大人な対応を取ることで、あなたの人間としての質は高まるでしょう。

ここでは、そんな未婚をバカにしてくる人達の種類と対処法を紹介していきます。

 

バカにしてくる様々な人種

20代の女性

「だから結婚できないんだよ」
「売れ残りってきついですよね」

若さゆえのストレートな発言の数々には、こちらも閉口せざるをえません。「数年後のあんたも同じ運命辿るはずだ…」と心の中では思いますが、口に出しては女がすたります。

まず認識していただきたいのは、若い女性は他人に対しての想像力がない人が多くても仕方がないのです。特に今まで同年代しかコミュニケーションをとってこなかった20代の女性は、他の年代の価値観・考え方を学ぶ機会がありません。人としての未熟さが他人への想像力の欠如を招くのです。

楽しさを測るのは自分自身なのでこちらとしては関係のないことですが、こういった若い女性からのストレート発言は無視に限ります。

 

職場の同僚

「結婚できないならさ、マジで誰か紹介するって!」(大声)
「誰かこいつにいいヤツ紹介してやってよ」

主に飲み会などで見受けられる光景です。お酒が入れば許されると思っているのならば、それはとんでもない誤解と言えるでしょう。これはもう立派なセクハラ。ヘラヘラ笑いでその場をやり過ごすか、「セクハラ発言だ!」と声を大にして訴えるのか、帰宅後に一人の部屋で寂しく涙を流すのか。その発散の仕方は、各自にお任せいたします。

しかし、あまりにもひどいセクハラ暴言を受けた場合は、会社のしかるべき部署に相談しましょう。

 

既婚の友人

既婚者である友人が未婚者であるあなたをバカにする発言をしたとき。それは、家庭内がうまくいっていない可能性があります。結婚生活がうまくいっていない場合は、プライドもあるためなかなか人に悩みをさらけ出すことはできません。それ故に、あなたをバカにするような発言をしてストレス発散をしているかもしれません。

 

 

実際、バカにされたとしたらどうする?

まずは「相手にしないこと。」これが鉄則です。応戦すると、やけどを負うのは未婚者側の可能性が高いです。バカにするような人間は放っておいたらいいのです。こちらが無視を決め込んでいれば、相手もつまらないと判断してもうバカにする発言はしてこないでしょう。いじめっ子の感覚と全く同じですね。

正義感が強いあなたでしたら、面と向かって注意するなんてこともアリかもしれません。独身であることをあまりにも執拗にグチグチと言われたら、あなたには口答えをする権利が発生するのです。

「あなたの言っていることはおかしい」
「あなた個人の結婚主義にこちらは付き合っている暇はない」
「結婚すれば偉いのか。現に今、君は偉いのか?」

などなど、相手が茫然とするような言葉で注意してみましょう。きっと、二度と未婚者をバカにするような発言はしてこないはずです。

 

まとめ

実際、未婚をバカにするのはエゴ以外の何物でもありません。未婚をバカにするということは、「結婚すればそれで人生万事うまいこと回る」という自分の価値観を他人に押し付ける行為で、その考えはもはや古いのです。世界を見渡せば、多様性を受け入れていく事が主流になっています。人にはそれぞれの選択肢があり、戦前や戦後と違い、自由に相手だって選べる時代。古い考えに固執する必要はありません。自分らしくいられる生き方をしている自分に誇りを持っていいのです。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です