未婚の方を応援するサイト

未婚でもプロポーズはされたい?プロポーズのタイミングと禁句ワード


今は未婚でも、一度はプロポーズをされてみたいと願う女性が実際には多いかもしれません。では、男性はどんなタイミングでプロポーズを試みようとするのでしょうか?またプロポーズを受けたい女性が言ってはいけない禁句ワードとは一体どんなワードでしょうか?ここでは、そんなプロポーズのタイミングや禁句ワードを調査してみました。

 

プロポーズはタイミング

プロポーズをタイミングと捉える男性が多いように感じます。実際はどうなのでしょうか?

 

お互いの年齢

「相手が結婚適齢期になり責任を取らなくてはならないと責任感を感じた」
「子供が生まれたり、これから二人で過ごす将来の時間を逆算して、タイミングを計った」

確かに、お互いが適齢期であった場合もうそれは絶好のタイミングといっても良いでしょう。

 

仕事が落ち着いた

「仕事が落ち着いてきて、そろそろかなと思った」

男性の場合、ある程度の稼ぎがないと結婚に踏み切れないと言った方が多いようです。
男性の仕事が落ち着くまでの期間は、女性は自分磨きなどに励むのも良いでしょう。

 

彼女が支えになってくれた

「苦しかったとき、見放さず傍にいてくれた」
「辛いときに一緒にいてくれて、この人とならと思えた」

人間、自分が辛いときや苦しいときに傍にいてくれる相手は、心の支えとなりかけがえのない存在となりますよね。

 

彼女の結婚願望を感じた

「結婚したいと詰め寄られた」
「結婚したそうな雰囲気を醸し出していた」

彼女に結婚アピールをされてしまったら、男性としては腹をくくるしかないでしょう。ですが、それをプレッシャーと感じて及び腰になる男性も少なからずいますので、そこは臨機応変に見極めていきましょう。

 

子供ができた

「妊娠が分かったから」
「子供ができたのが決め手」

授かり婚も最早一般的な時代です。これは、男性に結婚を決意させる大きな要因の一つとなるでしょう。
女性にとってもプロポーズは一大事。男性にとっては、人生最大の決断とでも言いましょうか。

 

 

プロポーズされたいなら禁句ワードを知ろう

「こんなこと言う女性とは結婚したくない」と思われないように、ここでしっかり学んでおきましょう。

 

昔の彼氏との比較

「元彼はこんなレストランに連れて行ってくれたよ」
「元彼の高級車で旅行へ行ったことがあるんだけどね」

特に、経済面を話題に出したらもうアウトです。男性は、プライドの塊。エベレストよりも無駄に高いプライドの持ち主ばかりなのです。自分だって、元カノの話を自慢げにするような男性は嫌なのではないでしょうか。自分の嫌がることは、彼にも言わないようにしましょう。

 

結婚を急かす

あなたがどれだけ「結婚したい!」「プロポーズされたい!」「早く子供を産みたい!」と思ったとしても、
それをそのまま彼氏にぶちまけるのは完全にNGです。男とは、元来逃げる生き物です。狩りをする生き物なのです。
あなたがあまりに結婚アピールをしていると、彼氏は逃げていき、手ごろな女性のところへと飛び立っていくのも
仕方がないと言えます。

 

「稼ぎ」に関する言葉

「給料、意外と安いんだね」
「もっとたくさん稼げるようになってね」

結婚したその先を考えると、言いたくなるような言葉なのだと理解はできます。ですが、まだ結婚もしていないのに男性側もこんなことを言われるのはごめんでしょう。プレッシャーでしかない、重荷でしかなりえません。思ったことを素直に告げるのはいいことですが、経済力など男性のプライドが根本から揺らぐような言葉は発してはなりません。

 

 

プロポーズされる女性になるために

優しく接しよう

一緒にいる時間を笑顔で楽しく過ごせる努力をしましょう。思いやりの気持ちが何よりも大切です。

 

周囲から固めていく

彼の両親や友人、同僚と仲良くなりましょう。とてもいい女性だと思われるように振る舞い、結婚しないという選択肢をハナからなくしてしまうのです。

 

彼が理想とする女性になりきる

彼が理想的な女性を思い描いているとすれば、それに少しでも近づかせる努力をしましょう。そこに嫉妬はいりません。

 

 

まとめ

そんなプロポーズのタイミングや禁句ワードをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?結婚に焦りすぎた彼女が彼氏にプレッシャーをかけすぎて、結局別れてしまったケースもあります。結婚しようがしまいが、パートナーとは優しい気持ちを持ち続けられる関係性を目指したいですね。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles