未婚の方を応援するサイト

未婚女はどう振る舞えばいいの?未婚女のたしなみ方・3つのポイント


「未婚だから、ひとりだから、家族に迷惑をかけているわけでもないし」と言って、何でも自由気まま勝手に過ごしていていいわけではありません。例え未婚であっても、生きている以上は社会の人間です。未婚のあなたを見ている人は、誰かしらいるわけです。今回はそんな「未婚女のたしなみ」を考えてみることにしましょう。

 

自分らしい身だしなみを保つこと

どんな職場にいても、またプライベートでも、「ひとりだから気にしない」といって自分の身だしなみを考えないのはNGです。そのままだと、自分らしさを失うどころか周りからも老けて見られて、未婚であることを哀れみの目で見られることになりかねません。

最低でも、身だしなみには気を使って周囲に不快な印象を与えないようにしましょう。そこでポイントとなるのは、決して若作りを無理にしない、そして派手な格好を無理にしない、という点です。その時の自分をごまかさないことは、身だしなみにおいても必要なことになります。無理をしないことによって、より自分が素敵に見えることもあるはずです。そこは決して背伸びをせず、その時の自分に合ったメイクやヘアスタイル、ファッションを心がけたいものです。

自分の魅力を自分で見出して、未婚であるからこそ幅広く周囲にアピール出来るような、「自分らしい身だしなみ」をいつでも保つようにしておくことが大切です。

 

常に自分の行動に責任を持つこと

未婚であるからこそ、親や兄弟に迷惑はかけられません。既婚者の方が自分の家族に責任を持つように、未婚の方も自分の親兄弟に迷惑をかけない行動をしなくてはいけません。

特にお金の事や仕事の事、家族の中で誰かが病気になったらどうしておくか、はきちんと話し合い、万が一自分が病気になったとしても、出来るだけ色んな面で家族に手間をかけさせないように前もって対策を考えておきましょう。
また自分の失敗を親兄弟にぶつけるのもNGです。未婚といえども、もういい年の大人です。自分で決めた行動はどんな事があっても、自分で責任を取る覚悟で決めて実践するようにしましょう。

仕事においても、経験を積んでいけば女性であっても重要な役割を与えられるかもしれません。そこで責任を持つことも、一人で生きる立派な大人の役目になります。

 

自分の事は自分で正しく決める、決断力が必要

自分の家族を持てば、夫などと相談して決める事柄が多いですが、未婚となるとそうともいきません。かといってもう学生でもないわけですから、親や兄弟が決めることでもありません。未婚である以上はいずれ、自分の生き方を自分で決断しなければいけなくなってきます。そんな時にひとりだと不安になったり、戸惑ってしまうことも多いかと思います。

ですが、自分を生かすも殺すも自分次第となってくるわけですから、自分の事は自分で冷静に判断し、後になって困った事にならないように慎重に、かつ強い決断力が必要になってきます。もしかしたら将来親が病気になった、兄弟に万が一の事があったなどという場合は、自分がどうするべきかを決める、家族の頭となることもあるでしょう。
そんな時におびえていては、周りが不安になってしまいます。そんな時だからこそ、自分をしっかり持って何をすべきかを判断して決断する意思がとても大切になります。

また、そういう家族がいない場合でも、シングルマザーの方でも、基本的には自分が自分の事を決めなくてはなりません。後で後悔することのないように、いざと言うときの判断と決断力を持つことが大切です。

 

まとめ

今回は、「未婚女のたしなみ」について解説してきましたが、如何でしたでしょうか?未婚女だからこそ、自分でしなければいけないことは沢山出てくるものです。それをどうしていくか、どのような結果になるかも、未婚のたしなみ次第といえるのではないでしょうか。未婚女は未婚女のたしなみを身につけて、悔いのないシングルライフを送りましょう!

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です