未婚の方を応援するサイト

生涯独身はいくらかかる?30代未婚のマネー事情を徹底調査!


未婚でいると「将来一人で暮らしていけるの?」「老後は誰に面倒みてもらうの?」という他人から心配された経験はありませんか?では、実際生涯独身でいた場合、老後にはどれくらいお金がかかるのしょうか?

他人のお財布事情を気軽に聞くことは中々困難なのでミステリアス。今回はそんなミステリアスな30代未婚のマネー事情を徹底調査してみました。

30代未婚女性の生活事情

30代の未婚女性は、どんな生活形態をしている人が多いのでしょうか?
まず、「実家暮らし」が大半を占め、次いで「一人暮らし」「彼氏と同棲中」といった順のようです。実家暮らしですと、あくせく働かなくても一人暮らしよりは出費も少なく、ある程度は貯蓄ができる環境にあるというイメージが湧きますよね。

一人暮らしですと、家賃に光熱費、食費に生活費。これでは日々の節約で手がいっぱいになり、将来への貯蓄といった目途が立たないようなイメージが先に立ってしまいます。

マイナビウーマンにて、毎月いくらずつ貯金をしているかの質問があったところ、なんと1万円未満という衝撃の結果に。例え実家暮らしだとしても、とても貯金にまでは手が回らないという意見が数多く見受けられました。

「今の生活でいっぱいいっぱいだから」
「手取りが少ないので仕方がない」
「車などの維持費が大変」

などの、現実的な回答が大半を占めています。

貯蓄ではなく、「今」を生きるため、楽しむためにお金を使うといった傾向は若い人にほど多いように感じます。まだ将来への決まった目標、何歳までにどうしたいかなどの具体的な人生設計が固まっていないため、将来への貯蓄ができない方は生涯未婚となった場合のことまでを想定できずにいるのが現状と言えそうです。

 

未婚女性の貯金額はどれくらい?

マイナビウーマンが30代未婚女性に回答を求めたところ、なんと1位を占めたのは「600万以上」との回答。
前述の毎月1万の貯金でどうやって600万にまで増やしたのかは謎ですね。そして、もっと衝撃を受けたのが、2位が「10万円未満」という結果だったのです。この差は、是非とも知っておかねばならない問題と言えるでしょう。

 

貯金600万以上の回答

「社会人歴が長い」
「車、家など大きな金額の買い物をしたことがない」
「実家暮らしで趣味もないので自然と貯まる」

まあ、確かに計算してみると30代後半くらいにもなれば、正社員として働き続けた結果を見るとそれくらいは貯まっていてもいいのかもしれません。

 

貯金10万円未満の回答

「生活費だけで手一杯」
「転職経験があり、無職の期間に貯金を使い切った」

こちらも、なるほどな回答が返ってきました。確かに、筆者も実家暮らしの30代、転職経験がある者なのですが、働いていない期間のお金の減り具合って結構えげつないものなのですよね…。
例えば、病院の診察に約2千円、薬局に約2千円、美容院に最低約5,6千円、スイカやパスモに2、3千円のチャージをしてその日一日を終わらせた場合、一万円のまあなくなることの早さったらないですよね。
ネイルやまつ毛エクステ、エステやフェイシャルにお金を使える人は、よほどの大企業で働いているごくごく一部の人の贅沢であるといえるのかもしれません。

 

将来必要になるお金

こちら、かなり現実的なお話になりますが、目を背けてばかりもいられません。

結婚する場合と生涯独身の場合の2パターンを紹介していきます。

 

結婚する場合

結婚が決まった場合、ある程度の年齢でましてや相手がバツイチなど何かと理由がある場合、披露宴などは行わなくても今の時代それは普通です。なので、そこで少しは出費が抑えられることもあるでしょう。
ですが、そう世の中甘くはできていません。実際に結婚式をあげるとなると、全ての結婚式費用の合計額の平均が261万円ほどということです。(新婚旅行なども含めます)

 

生涯独身の場合

そして、結婚せずに独身で一生過ごすことになった場合。こちらの方が死活問題として、皆さまの記憶に残りやすい数字となるやもしれません。

30から平均寿命の87歳まで生きるとしたら、なんと1億6千万以上の貯蓄が必要となってくるのです!
これは、年収400万ほどの30歳の女性を例にした生涯金額です。当然、税金や住宅費、社会保障費、家賃更新代なども入っている金額です。

 

まとめ

この現実をあなたはどう受け止めますか?生涯独身の場合、相当な貯蓄が必要になってきます。
少しずつでもいいので、思い立った瞬間から、「節約生活」始めてみませんか?

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles