未婚の方を応援するサイト

未婚を哀れまれた時のうまい返し方5選


そもそも、未婚というのは「哀れ」なのでしょうか?そう思う心の持ち主こそが哀れです。人の生き方はそれぞれです。結婚していないからといって、それを哀れに思うことなどないのです。悲観的になり、下を向いてはいけません。

「わたしは哀れな人間なのだ」と思う必要なんてどこにもないのですよ。自分の価値は他人が判断するものではありません。自分がいいと思うことを貫きとおしてください。

今回はそんな未婚を哀れまれた時のうまい返し方5選をご紹介します。

 

哀れまれたらこう返そう!うまい返し方5選

それでも、哀れんでくる人って現実にいますよね。自分の価値観を押し付けてくる「押しつけがましい人」。そういうときには、どう返していけばいいでしょうか。

 

「それはそれで楽」

哀れむ人は、「可哀想」という上から目線で物を言います。言いたい人には言わせておけばいいでしょう。下の立場の方がはっきり言って楽です。

結婚してみてください。一時は上の立場かのような錯覚に陥るでしょう。そこから、子供がなかなかできなかったらどうしますか?離婚したらどうなりますか?

 

「親切にされてラッキー」

可哀想だと哀れませておきましょう。そういった人は、こちらに優しく接してくれるものです。だって、その人からしたらこちらは哀れむ存在なのですから。とことん甘えてしまいましょう。

だってほら、わたしって可哀想じゃない?結婚もできてないわけだし~と甘えたもん勝ちです。

 

肯定しておく

「そうそう、そうなのよ。わたしって、あなたの言うとおり哀れでしょう?」そう言って、開き直りましょう。後々、笑い話になるはずです。

そっか、意外と明るいじゃんと思われれば嬉しいものですよ。結婚してなくても自由な時間があって楽しいよ、と言うのは相手の出方によって決めましょう。人によっては、追い打ちをかけるようにそれを「強がり」だと思う人も世の中にはいますから。

 

相手を褒め殺す

「わたしも早く○○さんのような素敵な奥様になりたいんですよ~」

「優しい旦那様に巡り会えて、○○さんは幸せ者ですね~」

 

哀れまれたら、相手を褒めて褒めて褒めまくりましょう。心の中は、相手にまで読まれることはありません。嫌味かというほどに褒めまくればいいのです。

だって、相手は「上から目線」でただただ哀れんでいるだけなのですから。

 

そんなに言うならお願いします!

「じゃあいい人紹介してくださいよ」未婚からすると、その一言に尽きます。「そんなに哀れむなら、いい人を紹介してくれ」、と。これは結構うまい返し方。

これで本当に「こういう人がいるんだけど、どう?」なんて言われて、実際本当に素敵な人と巡り会わせてくれたらこの哀れんでいた人が一気にキューピッドですよね。結果オーライ、皆ハッピーです。

 

まとめ

未婚を哀れまれた時のうまい返し方5選をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

未婚を哀れむ人は、自分の視野の狭さの方がよほど哀れです。世界的に、これほど未婚や独身を下に見ているのは日本くらいのものなのです。日本は、「既婚者こそ勝ち組」という風潮がいかに蔓延しているか。これは、日本の恥ずべき問題でしょう。

逆に、結婚の魅力を語ってもらいたいですね。「ねえ、結婚ってどのくらい幸せ?」その一言で、相手は止まらずいかに自分が幸せかを語ってくれることでしょう。

自分のことを聞かれるのは嬉しいもの。これが密かな応酬なのだとは思わずにペラペラと語りだしてくれたら占めたもの。ニコニコしながら聞いているフリをしていれば、人間関係はスムーズです。

哀れまれたら、こちらが大人な対応を取ること。これが社会で他人とうまくやっていくコツとなるでしょう。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です