未婚の方を応援するサイト

結婚は必ずしも幸せと限らない。実は既婚者の方が孤独を感じている


結婚イコール人生。人生イコール結婚。結婚が人生の全てであるかのような世の中の風潮。では何故、「結婚は人生の墓場」だなんていう言葉が存在しているのでしょうか?

 

独身者の方が既婚者より自己決定感が高い

カリフォルニア大学の教授により、30年間も実施されてきた学術的調査で思いもよらぬ事実が判明!簡単にまとめますと、「独身者の方が既婚者より自己決定感が高い」のです。

一個人として持続的成長・発展した感覚を実感する傾向があるとのこと。生涯独身者は、自立していることが良い影響をもたらしている、何故なら自立していればいるほどネガティブな感情を感じにくくなるから、というものでした。

なんと!何だか独身が褒められてる……?結婚は確かに視野を狭めます。自分の思い通りにならないことばかりで、自由な時間はほとんどなくなり、何をするにしても家族の許可が必要になります

例え独身だとしても、「自由」でありたいとは思いませんか。

 

既婚者の方が孤独を感じている

さらにはこのカリフォルニア大学の教授、「孤独感」についても調査を行っています。

これは意外だったのですが、「独身者の方が、既婚者よりも両親や兄弟、友人、近所の人、同僚と繋がっている。人は結婚すると、より孤独になる」だなんてまさに価値観を覆すような事実の判明です。

確かにそうかもしれませんね。既婚者がより密に連携を取ろうとするのは、夫と子供のみ(個人差アリ)。ママ友は友人のようでいて、ある意味ではライバルにもなりえます。そして、夫の両親は味方であるのか敵であるのか。結婚前には友人や同僚と飲み会、お花見、ランチなど頻繁に行っていたとしても、結婚後にはそんな勝手に遊びほうけてはいられません。

独身時代キャリアウーマンだった女性が出産、育児に専念する場合、一人ぼっちになってしまう例は数多く報告されており、こうした背景が虐待や育児ノイローゼなどの原因の一つでもあるかもしれません。

専業主婦とは、社会から完全に断絶された状態。繋がっているのは、オンライン上とテレビだけです。

 

「結婚」と「幸せ」をイコールで結びつけないこと

異性の交際相手を持たない未婚者が増加中であり、独身生活にはメリットが数多くあると答えた人は男女共に8割にも上りました。そして、「非婚」(結婚しない)の意思のある人までもが増加中。この結果は、何を意味するのでしょうか?「いつかはわたしも」なんて思っていた時代は既に終わりを迎えているのです。

今後、結婚しない選択をする人たちはさらに増え続けていくことでしょう。以下、独身を謳歌できるメリットを紹介していきたいと思います。

 

「好きな時に好きな事をやる(自由である)」

例として、
・休みの前日には夜更かしできる
・休みの日は何時まで寝ていても誰にも怒られない、迷惑をかけない
・出かけない日はノーメイクでも何を着ていても平気
・寝転がりながらおせんべいを食べつつ、バラエティ番組を観て大声で笑うのも自由

あれ?何だかただのナマケモノのようになってしまいました。いえいえ、こんなものではありません。

・趣味にお金を使える
・旅行は行き放題(お金さえあれば)
・ブランドもののバッグも洋服もどれだけ買ったって怒られない(しつこいようですが、がお金さえあれば……)

つまりは、好きなだけ自分の時間を楽しめる!ということなのです。こればっかりは、「既婚者には絶対にできないこと」の1位に輝くのではないでしょうか。

今回は、敢えて「独身者のデメリット」には触れずにおきましょう。結婚は、人生の全てではありません。時代と共に人々の選択肢は広がる一方です。どんな選択をするのかは、あなたの気持ち一つで変わるものなのです。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です